雑誌読み放題の情報サイト

ブックパスの評価|雑誌読み放題のメリットとデメリット

メリット:おすすめポイント
雑誌数が多い
本の購入もできる
コミック、小説、写真集も読み放題>
運営会社
KDDI株式会社
料金 総合コース:月額562円
マガジンコース:月額380円
読み放題 雑誌300誌以上 + コミック、小説、写真集
対象端末 ・Android、iOS、Windows、Mac
・スマホ、タブレット、パソコン
・ブラウザとアプリで閲覧可能
登録できる台数 最大5台
ダウンロード 可能
無料お試し期間 初回30日間

ブックパスの料金、読める雑誌、対象端末、登録できる台数、ダウンロード、支払い方法、解約についてなど、メリットやデメリットを徹底的に紹介します。

完全解説:ブックパスが優れているメリット

読み放題:雑誌、コミック、小説が読み放題!

読み放題 総合コース:雑誌300誌以上 + コミック、小説、写真集
マガジンコース:雑誌300誌以上

ブックパスは、雑誌に加えてコミック、小説も読み放題の「総合コース」と雑誌のみ読み放題の「マガジンコース」があります。

どちらのコースでも、読める雑誌は300誌以上と大ボリューム。主に以下の雑誌が読み放題です。

女性ファッション with、STORY、CLASSY.、エル・ジャポン、ViVi、CanCan、Seventeen、25ans、GISELe、VOGUE JAPAN、mina、Numero TOKYO、BAILA、Oggi、LEE、andGIRL、Domani、Ray、MORE、NAIL VENUS、VOCE、bis、S cawaii!、JELLY、美的、ゆうゆうなど
男性ファッション MEN’S EX、Fine、MEN’S NON-NO、メンズクラブ、GO OUT、Ollie、GQ JAPAN、2nd、Lightning、など
ライフスタイル Begin、日経ウーマン、日経トレンディ、POPEYE、Hanako、ESSE、LDK、オレンジページ、クロワッサン、レタスクラブ、ダ・ヴィンチ、anan、CHANTO、CREA、ELLE DECOR、OZmagazine、サンキュ!、婦人画報、家庭画報、天然生活、サライ、男の隠れ家、CAPA、Pre-mo、ひよこクラブ、たまごクラブ、yom yom、サイゾーなど
旅行・グルメ dancyu、月刊 東京ウォーカー、関西ウォーカー、東海ウォーカー、九州ウォーカー、BRUTUS、食楽、東京カレンダー、山と渓谷など
スポーツ Number、Tarzan、週刊ベースボール、Slugger、サッカーダイジェスト、ワールドサッカーダイジェスト、theWORLD、週刊プロレス、週刊パーゴルフ、GOLF TODAY、Waggle、EVEN、スマッシュ、ALBA、footballista、CARトップ、auto sport、GP Car Story、RUNNING style、RUN+TRAIL、Cycle Sports、ランドネ、PEAKS、Yogini、North Anglers、SALT WORLD、鱒の森、つり情報など
IT・ゲーム 週刊アスキー、Mac Fan、週刊ファミ通、Nintendo DREAM、Get Naviなど
エンタメ 週刊ザテレビジョン PLUS、アニメージュ、アニメディア、声優グランプリ、声優アニメディア、将棋世界、美術手帖、ラジコンマガジン、ENTAME、MUSICA、B’s-LOG、ムー、デジタルカメラマガジン、鉄道ダイヤ情報など
ビジネス 週刊エコノミスト、PRESIDENT、ダイヤモンドZAi、日経マネー、週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、Forbes JAPANなど
ニュース・週刊誌 FLASH、SPA!、週刊朝日、女性セブン、週刊女性、週刊文春、サンデー毎日、AERA、週刊プレイボーイ、週刊大衆、週刊ポスト、週刊アサヒ芸能など

※閲覧できる雑誌の内容は変更になることもございます。最新情報はブックパスをご確認ください。

ブックパスは、有名雑誌が多くラインアップされていて読みごたえがあります。特にスポーツ雑誌の数が多くラインナップされています。

また、最新号はもちろん、雑誌によってはバックナンバーも閲覧できます。書店では見かけない、バックナンバーを読めるのはうれしいですね。

また「総合コース」を選ぶとコミック、小説など4万冊以上が読み放題になります。

ブックパスは、申し込む前に、無料で試し読みができます。どんなサービスが気になる方や端末での読みやすさを体験したい方は、試してみましょう。

なお、ブックパスは本を購入することもできます。電子書籍を同一サービスで統一したい方にもおすすめです。

対象端末:スマホ、タブレット、パソコンで閲覧可能!

対象端末 ・Android、iOS、Windows、Mac
・スマホ、タブレット、パソコン
・ブラウザとアプリで閲覧可能

ブックパスは、インターネットを使ったサービスです。スマホ、タブレット、パソコンで閲覧することができます。

スマホ、タブレットの場合はブックパスのアプリ、パソコンの場合はIE、Safari、Firefox、Google Chromeといったブラウザで閲覧しましょう。

スマホなら通勤通学や移動中にも読めて便利。ベッドに寝っ転がって読むにも最適です。パソコンは、画面が大きいのでじっくり読みたいときや情報収集するときに活躍します。

登録できる台数:複数台OK!

登録できる台数 最大5台

ブックパスは、1つのアカウントで最大5台まで利用できます。スマホやタブレットを複数台使い分けている方でも、その数だけ契約する必要はありません。

ダウンロード:アプリで可能!オフラインでも読める

雑誌やマンガは、アプリを使ってスマホにダウンロードできます。ダウンロードできるメリットは、WiFiなどのインターネット環境がない場所でも閲覧できること。

また、自宅のWiFi環境でダウンロードしておけば、移動中に容量を消費しないメリットもあります。

Android端末では、保存先をSDカードにダウンロードすることが可能。端末の内部ストレージがいっぱいでもSDカードにダウンロードできるならいいですよね。

ただし、閲覧期限を過ぎた雑誌はダウンロード後も見ることはできません。また、ブラウザではダウンロードすることができません。

料金:雑誌300誌以上読めて低価格

料金 総合コース:月額562円
マガジンコース:月額380円

ブックパスは「総合コース」と「マガジンコース」で料金が異なります。雑誌読み放題のみの「マガジンコース」なら楽天マガジンdマガジンと比較しても同じくらい。かなり安いです。

マンガなどを読んでみたい方は、ラインナップを確認して暇つぶしできそうならいいと思います。月額562円はコスパがいいです。月に雑誌1冊読むだけで元はとれますよ。

ブックパスは、KDDI(au)のサービスですが、au会員以外の方でもau ID(無料)を発行することで利用できます。

なお、ブックパスには初回30日間の無料お試し期間があります。はじめての方は試してみましょう。

ブックパスの注意点・デメリット

すべてのページを閲覧できない

雑誌は、紙面のすべてのページを閲覧できるわけではありません。広告や著作権などの問題で一部、閲覧できないページもあります。

また、芸能人などの写真は権利の都合上、表示されないこともあります。これは、ブックパスに限らず、デジタル雑誌すべて同じです。

心配な方は、初回1か月間の無料期間でどんなサービスかを確認しておきましょう。ちなみに、私はざっくりと情報収集するので、不都合を感じたことはありません。飲食店などでパラパラと雑誌を読む方はそれほど気にならないと思います。

閲覧期間がある

基本的には最新号が読めます。その後、雑誌によってはバックナンバーとして過去の号も読めます。

ただし、閲覧できる期間があります。配信期間が終了すると読めなくなってしまいます。

資料として保管したい方は、紙の雑誌の方がいいと思います。

支払い方法

支払い方法 auかんたん決済
クレジットカード

auかんたん決済は、au携帯電話料金と一緒に支払いする方法です。そのため、au会員のみ使えます。

解約・退会方法

ブックパスは、簡単に解約できます。

(1)ブックパスにログイン
(2)メニューの「退会」を選択
(3)ページ内から退会手続き

簡単に解約できるので、利用したいときだけ契約する使い方もできます。

まとめ:ブックパスはこんな人におすすめ

ブックパスは以下のような方におすすめです。

・安い料金で有名な雑誌を読みたい
・コミックや小説などたくさんの本を読みたい
・スマホやタブレットで雑誌を読みたい

初回30日間は無料お試しができるので、使い勝手を試すことができます。

公開日:2019年9月14日