ネットの本棚

漫画、雑誌、本の読み放題サービスや電子書籍の購入サイトを紹介しています。電子書籍ならスマホやタブレットで読めます。

  • 気になる雑誌はスマホで全部読む 雑誌読み放題サービス比較
  • 無料で全巻読める漫画もあるの 電子書籍サイト比較

【2020年】雑誌読み放題おすすめ比較|メリットや注意点も徹底解説

雑誌読み放題 メリットや注意点も徹底解説
このページでは、定額で読み放題の人気の雑誌読み放題を紹介します。どのサービスが自分に合っているか比較・検討してみてくださいね。

おすすめの雑誌読み放題サービス比較表

サービス名 読み放題 料金 ダウンロード 無料お試し期間
楽天マガジン 雑誌250誌以上 月額380円 31日間
Tマガジン 雑誌450誌以上(るるぶ含む) 月額400円 初回1か月間
dマガジン 雑誌250誌以上 月額400円 初回31日間
Yahoo!プレミアム 雑誌110誌 + マンが13,000冊以上 + Yahoo!プレミアムの特典 月額462円 なし
マガジンWALKER 雑誌80誌以上 + マンガ誌40誌以上 月額500円 初月
ブック放題 雑誌200誌 + るるぶ100冊 + マンガ20,000冊以上 月額500円 初回1か月間
タブホ 雑誌900誌以上 月額500円 24時間
ブックパス 雑誌300誌以上 + コミック、小説、写真集 月額562円 初回30日間
FODプレミアム 雑誌100誌以上 + マンガ + 動画(ドラマ、映画など) 月額888円 Amazonアカウントでの登録で初回1か月間
Kindle Unlimited 雑誌160誌以上 + 本 + マンガ 月額980円 キャンペーンによる

上記は、人気の雑誌読み放題を料金の安さ順に並べた比較表です。どのサービスもスマホやタブレットで閲覧できます。

また、事前にダウンロードしておくことで、インターネット環境がない場所でも雑誌を読めます。

しかし「雑誌の配信数が多い」「マンガも読み放題」など、雑誌読み放題サービスによって、特徴が異なります。読める雑誌の種類も異なるので、各サービスを事前に確認しておきましょう。

【おすすめベスト9】雑誌読み放題サービス比較

サービス内容、料金、読み放題の冊数、お試し期間といった要素を総合的に判断し、おすすめの雑誌読み放題サービスをまとめました。

1位楽天マガジン

コスパ最強で料金が安い!楽天ポイントも貯まる、使える
楽天マガジンは他のサービスよりも料金が安いのが魅力。雑誌に特化したシンプルなサービスなので、雑誌のみを見たい方におすすめ。最新号からバックナンバーまで読み放題で閲覧できます。また、楽天マガジンの支払い100円につき1ポイント貯まります。支払いに楽天ポイントを使うことも可能です。
メリット:おすすめポイント
料金が安い
雑誌の種類が多い
楽天ポイントが貯まる、使える
運営会社
楽天モバイル株式会社
料金 月額プラン:380円 年額プラン:3,600円
読み放題 雑誌250誌以上
対象端末 ・Android、iOS、Windows、Mac
・スマホ、タブレット、パソコン
・ブラウザとアプリで閲覧可能
登録できる台数 スマホ・タブレット5台、パソコン2台
ダウンロード 可能
無料お試し期間 31日間

2位Tマガジン

料金が安く大ボリューム!Tポイントも貯まる、使える
TSUTAYA系列の雑誌読み放題サービス。雑誌450誌が読み放題とボリュームが多いわりに、料金が安いのが魅力です。るるぶや関西ウォーカーといった旅行、グルメ系の雑誌も豊富。幅広いジャンルの有名雑誌が揃っています。Tポイントが貯まる、使えるで、Tポイントユーザーにもおすすめです。
メリット:おすすめポイント
料金が安い
雑誌の種類が多くるるぶも読み放題
Tポイントが貯まる、使える
運営会社
株式会社Tマガジン
料金 月額:400円
読み放題 雑誌450誌以上
対象端末 ・Android、iOS、Windows、Mac
・スマホ、タブレット、パソコン
・ブラウザとアプリで閲覧可能
登録できる台数 スマホ・タブレットアプリ5台、アプリとは別にブラウザ1台
ダウンロード 可能
無料お試し期間 初回1か月

3位dマガジン

お試し期間あり!雑誌読み放題を気軽に楽しむ
NTTドコモが手がける雑誌読み放題サービス。dアカウントを作れば、ドコモ会員以外の方でも利用できます。加入前でもdマガジンアプリからの試し読みも可能。初回31日間は無料で登録できます。「雑誌読み放題が気になるから試してみたい」というはじめての方でも安心です。
メリット:おすすめポイント
無料お試しできる
雑誌の種類が多い
dポイントが貯まる
運営会社
株式会社NTTドコモ
料金 月額400円
読み放題 雑誌250誌以上
対象端末 ・Android、iOS、Windows、Mac
・スマホ、タブレット、パソコン
・ブラウザとアプリで閲覧可能
登録できる台数 アプリ5台、ブラウザ1台
ダウンロード 可能
無料お試し期間 初回31日間

4位ブック放題

るるぶも読み放題!旅行好きにおすすめ
雑誌、マンガ、るるぶが読み放題で閲覧できる大ボリュームのサービス。ボリュームを考えるととてもコスパがいいです。国内や海外のるるぶが読めるので、旅行やお出かけ好きの方に最適です。
メリット:おすすめポイント
るるぶが読み放題
マンガも読み放題
月額料金が安い
運営会社
株式会社ビューン
料金 月額500円
読み放題 雑誌200誌 + るるぶ100冊 + マンガ20,000冊以上
対象端末 ・Android、iOS、Windows、Mac
・スマホ、タブレット、パソコン
・ブラウザとアプリで閲覧可能
登録できる台数 スマホ・タブレットは5台、パソコンは1台
ダウンロード 可能
無料お試し期間 初回1か月間

5位FODプレミアム

動画も見放題!フジテレビのドラマ好きにおすすめ
FODプレミアムは、フジテレビが手がけるサービスです。他のサービスとの違いはドラマやバラエティなど、フジテレビの動画が見放題で楽しめること。さらに雑誌も読み放題、書籍全品20%ポイント還元、毎月100ポイント付与といった特典があり、動画も雑誌も楽しめるプレミアムなサービスです。
メリット:おすすめポイント
ドラマや映画も見放題
毎月ポイントがもらえる
電子書籍の購入で20%のポイント還元
運営会社
株式会社フジテレビジョン
料金 月額888円
読み放題 雑誌100誌以上 + マンガ + 動画(ドラマ、映画など)
対象端末 ・Android、iOS、Windows、Mac
・スマホ、タブレット、パソコン
・ブラウザとアプリで閲覧可能
登録できる台数 最大5台
ダウンロード 可能
無料お試し期間 Amazonアカウントでの登録で初回1か月間

6位Kindle Unlimited

ビジネス書や実用書も!本もマンガも読み放題
Amazonが手がける読み放題サービス。Kindle端末以外でも利用できます。他のサービスと比較して料金は高めですが、小説やビジネス書、実用書、マンガなどあらゆる本が読み放題になります。本をたくさん読む人は、すぐに元がとれます。
メリット:おすすめポイント
小説やビジネス、実用書など本も読み放題
マンガも読み放題
Kindle端末以外でも読める
運営会社
Amazon
料金 月額980円
読み放題 雑誌160誌以上 + 本 + マンガ
対象端末 ・Android、iOS、Windows、Mac
・スマホ、タブレット、パソコン
・ブラウザとアプリで閲覧可能
登録できる台数 最大6台
ダウンロード 可能
無料お試し期間 キャンペーンによる

7位Yahoo!プレミアム

Yahoo! JAPANのサービスでお得!スポーツ動画も見放題
Yahoo!プレミアムは、Yahoo! JAPANのサービスがお得になる会員サービス。Yahoo!ショッピングやロハコ、Yahoo!トラベルでポイント5%相当還元になります。さらに、雑誌読み放題やバスケットLIVE、パ・リーグLIVEといったコンテンツが無料で利用できエンタメにも強いです。総合的なコスパは抜群。
メリット:おすすめポイント
Yahoo! JAPANのサービスでお得
ヤフオク!でもお得
バスケットLIVEやパ・リーグLIVEも見放題
運営会社
ヤフー株式会社
料金 月額462円
読み放題 雑誌110誌 + マンが13,000冊以上 + Yahoo!プレミアムの特典
対象端末 ・Android、iOS、Windows、Mac
・スマホ、タブレット、パソコン
・ブラウザで閲覧可能
登録できる台数 不明
ダウンロード 可能
無料お試し期間 なし

8位マガジンWALKER

雑誌もマンガ誌も読み放題!アニメ、声優、ゲーム誌に強い
雑誌とマンガ誌が読み放題のサービス。マンガ誌が読み放題のサービスは少ないので、とても希少です。一般的な雑誌だけでなく、アニメ、声優、ゲーム誌の読み放題に強いです。目当ての雑誌がある方におすすめ。
メリット:おすすめポイント
雑誌とマンガ誌が読み放題
アニメ、ゲーム、声優雑誌に強い
月額料金が安い
運営会社
株式会社ブックウォーカー
料金 月額500円
読み放題 雑誌80誌以上 + マンガ誌40誌以上
対象端末 ・Android、iOS、Windows、Mac
・スマホ、タブレット、パソコン
・ブラウザとアプリで閲覧可能
登録できる台数 スマホ・タブレットは5台、パソコンは1台
ダウンロード 可能
無料お試し期間 初月

9位ブックパス

雑誌300誌以上!コミック、小説も読み放題
ブックパスは、60万冊以上の電子書籍を購入できるサービスです。期間限定で無料で読める作品もあり。読み放題プランは「総合コース(雑誌、コミック、小説など)」と「マガジンコース(雑誌)」の2種類があります。
メリット:おすすめポイント
雑誌数が多い
本の購入もできる
コミック、小説、写真集も読み放題>
運営会社
KDDI株式会社
料金 総合コース:月額562円
マガジンコース:月額380円
読み放題 雑誌300誌以上 + コミック、小説、写真集
対象端末 ・Android、iOS、Windows、Mac
・スマホ、タブレット、パソコン
・ブラウザとアプリで閲覧可能
登録できる台数 最大5台
ダウンロード 可能
無料お試し期間 初回30日間

10位タブホ

圧倒的ボリューム!900誌が読み放題
雑誌に特化した読み放題サービス。一般的な雑誌に加えて、るるぶやじゃらんといった情報誌も読み放題。釣りや趣味、グルメなどマニアックな雑誌もあります。
メリット:おすすめポイント
雑誌数が多い
るるぶも読み放題
マニアックな雑誌も
運営会社
株式会社オプティム
料金 月額500円
読み放題 雑誌900誌以上
対象端末 ・Android、iOS、Windows、Mac
・スマホ、タブレット、パソコン
・ブラウザとアプリで閲覧可能
登録できる台数 最大3台、ブラウザ1台
ダウンロード 可能
無料お試し期間 24時間

雑誌読み放題とは?どんなメリットがあるの?

スマホ

低価格で読み放題

本ページで紹介している雑誌読み放題サービスは、すべて月額1,000円以下です。

雑誌は1冊700円前後しますので、月に1~2冊読めば元はとれます。そのため、雑誌読み放題はとても低価格です。お店などでタブレット端末を置いて、お客さんに楽しんでもらうと経費を削減できます。

私は、いろいろな雑誌の目玉記事に目を通して、情報収集しています。

スマホやタブレット、パソコンで閲覧できる

雑誌読み放題は電子書籍形式です。スマホやタブレット、パソコンを使って読むことができます。

本屋まで足を運ばなくても、自宅や旅行先、電車の移動中でも読めて便利です。

最新号からバックナンバーまで読める

最新号だけでなく、バックナンバーも読めます。過去の雑誌は本屋さんに並んでいないことが多いので、バックナンバーを気軽に読めるのは楽しいです。

ただしバックナンバーは「サービスによっては配信していない」「期間限定」である場合もあります。あくまでおまけ程度に考えて、最新号を楽しみましょう。

ダウンロードできる

雑誌読み放題サービスを選ぶ時は、端末にダウンロードできるサービスがおすすめ。

アプリを使ってスマホにダウンロードしておくと、WiFiなどのインターネット環境がない場所でも雑誌を読めます。

デメリットや注意したいこと

見たい雑誌があるか確認しておく

読み放題で閲覧できる雑誌の種類は、各サービスによって異なります。

「読みたい雑誌がなかった」とならないように、登録前に読める雑誌を確認しておきましょう。

全てのページが読み放題ではない場合も

著作権や広告の問題で一部のページが閲覧できない場合もあります。また、芸能人などの人物にはぼかしがかかっていることも。

飲食店や美容院でパラパラめくるように、雑誌を楽しむ方に向いていると思います。隅々まで読みたい方、雑誌を切り抜きしたい方、芸能人の記事を見たい方は、読み放題で試した後に、紙の雑誌を購入する使い方ができます。

1アカウントで何台まで登録できるか確認

スマホやタブレット、パソコンなどいろいろな端末を利用している方も多いと思います。

雑誌読み放題サービスは、1アカウントにつき登録できる端末数が決まっています。

例えば、最大5台なら5つの端末までは、1アカウントで利用できます。

紙の雑誌を定期購読

ネットから、紙の雑誌を定期購読で申し込みすると割引になるサービスもあります。

電子書籍は、手元に残らないデメリットもあります。好きな雑誌をずっと保管しておきたいなら、紙の雑誌を検討しましょう。

詳しくは、以下ページもご覧ください。

まとめ

とにかく雑誌のみを読みたい方は、楽天マガジンTマガジンがおすすめ。雑誌数が多く、月額料金が安いのが魅力です。

「雑誌読み放題を見るかどうかわからない」という方は、Yahoo!プレミアムFODプレミアムのように、雑誌読み放題以外の特典が充実しているサービスも検討してみましょう。

公開日:2019年9月14日